無数のパロディー

最近、色んな作品の中にパロディーが数多く登場する。
これ見よがしに興味を引くように?オリジナル性を良しとする傾向はどこに影を潜めた。
もしかしなくても、そんなパロディーを面白いと感じるようになったら、
もう末期な感じがする?

(作った人)いえいえ、それは違いますよ。これがあるからお話が面白いんじゃないですか。

そうかなー。もしかしたら、そのパロディーって蛇足じゃないかな。
落ち着きないし。
第一、情緒がないじゃないか。
例えば、お肉焼いた時にケチャップ、ソース、焼肉のたれ、醤油、レモン汁、塩、マヨネーズ、オリーブオイル、バジル、からし、大根おろし、ポン酢などなど、全部混ぜてうまいか?
素材の味を活かせてるか?

(作った人)活かせてますよ。きっと!

なら何も言わない。きっとこれが世の習いってやつだ。きっとそうに違いない。

と偉そうに語りましたが、
自分もパロディー作家(素人)みたいなもんです。だから偉そうに言えない、
それでもオリジナル作家(素人)を目指して行きたいもんだ。

魔女っ子リベラル、いざ推参! by M i D on pixiv

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です