ブログ

独りの時間

時に人と会うのってすごく楽しいって思う。
そこは間違いない。しかし、人生の大半は独りだ。
独りで考え、独りで行動するのが人生であって
それは楽しいはずだ。
だって自分の一番好きなことができるんだから。

だから、誰かに命令されて動くのって真っ平ごめん被りたい。
なかには期待されてる、愛されてる、応援されてるから他人のために
動くのが嬉しいし、相手の喜ぶ顔が見たい。
勿論そんな時も、あるだろう。

仕事で色んな人に電話したり、会ったりする。案外心は疲労する。
だから、余暇は自由に過ごしたい。
自分の場合、普段は一言も話さなくても楽しいって思える時もある。
誰かと話したいって思うときは
大概、人に踊らされてしまったときだ。
わがままだけど独りの時間が楽しい。

でも時々はかまって欲しい(更にわがまま)

人間失徳(にんげんしっとく) by M i D on pixiv

静かなる湖畔

静かなる湖畔を歩いた。
土の感触が柔らかく何処か湿ってる。
地虫鳴く、鳥鳴く、でも心地よく静かに感じる。
途中、腰を下ろし、水面を眺める。
穏やかな水の響きとともに、時々水面を魚が飛ぶ。
足元には小さな蝸牛、団子虫がいっぱいだ。
また、歩き出すと緑の葉しか持ち合わせていない。
桜の木の間を通り抜けて行く。
縄張りを気にした、烏たちが妙にうるさい。
更に行くと木造橋がある。
先には鷺が手すりに乗っかっている。
驚かせないよう。道を引き返す。

すれ違うように猫に合う。
警戒しないよう、瞬きをして更に背中を見せる。
どうやら、サインは通じたようだ。
さて、帰ろうとしたら車の後ろに
先ほどの猫がくつろいでいる。
車が出せない。
まあいい。しばらくこのままいよう。
あわてない。目的は心を休めるために来たのだから。

猫と鴉 by M i D on pixiv

無数のパロディー

最近、色んな作品の中にパロディーが数多く登場する。
これ見よがしに興味を引くように?オリジナル性を良しとする傾向はどこに影を潜めた。
もしかしなくても、そんなパロディーを面白いと感じるようになったら、
もう末期な感じがする?

(作った人)いえいえ、それは違いますよ。これがあるからお話が面白いんじゃないですか。

そうかなー。もしかしたら、そのパロディーって蛇足じゃないかな。
落ち着きないし。
第一、情緒がないじゃないか。
例えば、お肉焼いた時にケチャップ、ソース、焼肉のたれ、醤油、レモン汁、塩、マヨネーズ、オリーブオイル、バジル、からし、大根おろし、ポン酢などなど、全部混ぜてうまいか?
素材の味を活かせてるか?

(作った人)活かせてますよ。きっと!

なら何も言わない。きっとこれが世の習いってやつだ。きっとそうに違いない。

と偉そうに語りましたが、
自分もパロディー作家(素人)みたいなもんです。だから偉そうに言えない、
それでもオリジナル作家(素人)を目指して行きたいもんだ。

魔女っ子リベラル、いざ推参! by M i D on pixiv

なぜ電子マネーは消える?

電子マネーを腐らした事ありませんか?
もとい、消費期限を過ぎて使用不能になった事ありませんか?
私はしょっ中です。電子マネーと言っても色々あって、
現金ではないもの、プリペイド、ネット使用のギフト券、ポイントなども
この範囲に入る。
今まで一番痛かったのは、コンビニでも売ってあるスクラッチを削るギフト券で、
アイペンを買おうと発売前に買って置いたんです。あれ発売日が伸びた。
そして、何やかんやで一年経って消えました。1.5万円がどこかへ。

消えた?って表現はまだ美しい。盗られたと言ってもいいんじゃないか。だって何も買ってないんだもの。
宝くじならまだ諦めもつくだろう。だって消える覚悟だ買うんだもの。
そんな電子ギフト券をコンビニで売るな!って声を大にして言いたい。
ちなみに、その相変わらずコンビニで売ってある電子ギフトは、
今年から消費期限が一年以上に変わったよとかご大層に言ってますが、それは当たり前だ。
そこのライバル大手の電子マネーは何年経っても権利が消えんぞ。

不思議に思うんですけど、
現金って錆びたり、燃えたり、溶けたりってのもたまにあるんですけど半永久的。
目の前にあれば普通に使うんですよ。
ところが、自分の場合あまりネット通販ってあんまり利用しないんですよね。
だから、うっかりは十分にありうる。
それに何で電子マネーは風、雨、火などの影響を受けないのに、
(受けるとすれば人為的なプログラミングの操作による権利の消失作業だけ)
それが一年しか消費期限がなかったりするのは何故?
くさらないのが電子マネーのはずだが、人為的にくさる。
くさらせたら損をする。うっかりさんは損をする。
だけど、何故、それほど業社が搾取するの?と言いたい。

漫画QUEEN 第二話 ”地獄へ道づれ” by M i D on pixiv

酸っぱいの

この時期食べ物や飲み物を置いておくと、
酸っぱく変化しちゃって飲んだり食べたり出来なくなる。
おまけに胃腸の調子も何か良くない。
そんな時は、酸っぱいのを食べる。梅干しだったり、黒酢だったり、
汗が出るくらいに酸っぱいのを飲む。
酢の物食べるのも良かったりする。
でも梅が一番が好きなのだが、梅干し、梅サイダー、梅酒などなど
梅はとにかく美味しい。スーパーで安価に手に入る梅干しでは、
少々物足りなかったりもする。
だから、今年こそ梅干しを自分でつけたいのだが、うーんできるか?
他にもグレープフルーツ、オレンジ、柑橘系100%とか
以外にバランスの良い栄養が含まれてる。
とにかく、この季節の不調も酸っぱいの食べれば大丈夫に違いない。

ねこくろす by M i D on pixiv

映画館へ急げ

今日は久々に映画に出かけた。思い立ったの今朝だから時間がない。
身支度して、空のタンクにガソリン入れて、上映まで後2時間しかない。
映画館までここから20kmは優にある。しかも、今日は日曜日混んでる。
だけど、なんとかなる。そう思いつつ車を走らせた。

途中、予想の渋滞。しかしそこを抜けるとすいすい進む。
でもリミットは1時間切ってるぞ。おいおい。
大きな曲がり角を曲がったらすぐそこが映画館だ。
やっとついた。後40分。駐車場が空いてなくてぐるぐる回る。
一階の駐車を諦め屋上へと向かう。
屋上も混んでいる空いてない。しかし他の車には申し訳ないのだが、
自分の目の前の車が出て空きが出たのだ。
後20分、しかし予約券がない。
自動操作のチケット販売機を動かしても項目がない。
やはり、店員さんを呼ぼう。そしてチケットゲット。
まあ、なんとか15分前には手続きも出来たのです。

やはり、行って良かった。
ありがとう。
この上映会を開いてくれて心から感謝します。


未来人たちへ

アメリカ大統領戦で勝利したトランプ大統領歓迎ムードがない。
オバマ大統領の時とは偉い扱いだ。
一方では賞賛し、一方では罵倒する。
それが、すごく極端で正に二極化。
あまりの温度差に酔いが覚める。

人間なんて良いところもあれば、悪いところもあるはずなのに
みんなの反応があまりにも極端なのだ。

マスコミの言葉に乗って正義のうさぎが増える。
敵は悪代官たぬきに違いない。
プロパガンダの天才ゲッベルスが言った言葉に
「嘘も100万回言えば本当になる。」
その思わく通りに当時のドイツの国民を扇動できた
訳です。
しかし、それは70年以上の前の話。

つまり、私らは未来人。若いほどまた更に未来人なのだ。
そんな人らは、不要な情報に惑わされず、澄んだ瞳で
正しき答えが出せるだろう。
当然一人一人の違う意見が出るはずだ。

そうすれば、二極化なんて起こるはずもなし。

とにかく現実は二極化。それ必要な情報?
本当にそのお涙頂戴に感動できてる?

記者会見 by M i D on pixiv

運命の歯車

運命の歯車ってよく言うけど、この歯車は時に止まってしまう事もあるようだ。
なんとか、この歯車が動かないと運命という機械自体も止まってしまう。
錆びつけば、もしかしたら永久に止まってしまうそんな経験をした。
一人の力ではもうどうする事もできない。もがいても始まらない。
無明の世界がどんどん広がって行く。絶望的そんな言葉が出た。
一つの言葉、一つの心、一つの行動により歯車の動きが少しだけ動いた。
己の力ではない。でも、この機会を逃さず歯車がより回るように努力する。
動く、動く、 不思議と運命は動き出す。予想もつかないほどに動き出すのだ。
おかげで、翳りのない晴れ渡った空が見えてきた。
もう、これからは歯車が止まらないようにより一層頑張ろう。
歯車を動かしてくれた方に心から感謝します。

ひかり by M i D on pixiv

欠点のなおし方

誰しもなくて七癖、欠点はあるもの。
自分のここが欠点なので、できればなおしたいと思う方多いと思います。

ではどうやってなおせばいいのか?
ここは一つ、教育者の言葉を参考になおしてみましょう。
今から話すことは、地元のローカル紙に子育て論みたいなコーナーがあって、その引用です。
なんでも、子供の欠点をなおす方法として、分かりやすい例えとしてタオルの長い方の両端を軽く持って上に上げて下さい。すると下がだらりと下がるでしょう。
それが子供の欠点の部分と考えて下さい。そして上の部分は子供の長所と思って下さい。
ではこの欠点の部分をなおすにはどうしたらいいのか?

それは、持ってる両端をそのまま持ち上げれば欠点の部分も高い位置にくるわけです。
つまり、欠点にばかりをなおす事に拘らず、常に長所の方に目を向けて、
そこを伸ばして行けば欠点も目立たなくなってしまうと言うのです。
これは、よく苦手な相手の長所を常に見ればいいと言う理論に近いかも。

自分の長所を常に伸ばして行けば全体的なレベルも上がり欠点も目立たなくなる。これは使えると思いませんか。如何でしょう。

大人への道 by M i D on pixiv